JUGEMテーマ:ワイン

 

菅原です^^

20日は秋田市 レストランおいしんぼにてワイン会でした

 

111回CLUB31 ローヌ(南部&北部)

     WINE LIST

  1. Clairette de Die Tradition

クレレット ディー トラディション

生産者:ピエール・サラベル・エ・フィス

ブドウ:ミュスカ種90%,クレレット種10

クレレット・ド・ディーはコート・デュ・ローヌ地方の東部側に位置し、フランス産甘口スパークリングワインを造る産地として知られています。ピエール・サラベルはディーのエリアに9haのブドウ畑を所有。現在は5代目となるジャン・ミッシェル・サラベルがリュット・レゾネによるブドウ栽培など品質を重視したワイン造りを行っています。

 

  1. Cotes du Rhone La Fleur Solitaire 2016

コート デュ ローヌ フルール ソリテール

生産者:ブティノ

ブドウ:グルナッシュ・ブラン種50%,ヴィオニエ種20%,ルーサンヌ種8

    ブール・ブラン種8%,マルサンヌ種7%,クレレット種7%(作付け)

創業者のポール・ブティノ氏はロンドンの高級地区でレストラン経営をしていた父親の仕事を手伝いながら「レストランで喜ばれるワイン」を目指して設立したワイナリーです。醸造は2005年からエリック・モナン氏が担当。

「コート・デュ・ローヌ・ラフルール・ソリテール」は70%をステンレスタンク、30%をオーク樽で醗酵後、30%をオーク樽で6カ月の、70%をステンレスタンクで熟成を行って造られています。 

  1. Cotes du Rhone La Ferrande 2016

コート デュ ローヌ フェランド

生産者:ドメーヌ・ド・フェラン

ブドウ:シラー種100

ドメーヌ・ド・フェランの歴史は長く18世紀まで遡る生産者です。現在はフィリップ・プラヴェイ氏がオーナー兼醸造家として活躍しています。「コート・デュ・ローヌ・ラ・フェランド」はオーク樽(630L)を使って12カ月の熟成を行って造られます。生産本数は約2,400本ワイン・アドヴォケイト92

 

  1. Chateauneuf du Pape 2016

シャトーヌフ デュ パプ

生産者:クロ・デュ・モン・オリヴェ

ブドウ:クレレット種,ルーサンヌ種,ブールブーラン種,グルナッシュ・ブラン

クラシックなシャトーヌフ・デュ・パプの造り手として知られるクロ・デュ・モン・

オリヴェ。現在は南アフリカやオーストラリアでワイン造りを学んだティエリ・サボン氏がワイン造りを行っています。サボン氏は2016年からシャトーヌフ・デュ・パプの生産者組合長も務めています。

「シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン」は南向き粘土砂質土壌に植えられたブドウから造られます。ルーサンヌ種は1年使用樽で醗酵、残りのブドウ品種はステンレスタンクで醗酵を行います。ボトリング直前にタンクと樽のワインをブレンドして瓶詰を行います。ワイン・スペクテーター:92

 

  1. Condrieu Deponcins 2016

コンドリュー ドポンサン

生産者:ドメーヌ・フランソワ・ヴィラール

ブドウ:ヴィオニエ種100

ドメーヌは元々シェフ、ソムリエとしてレストランに従事していたフランソワ・ヴィラール氏が1991年に設立したワイナリーです。コート・ロティのすぐ南に位置するコンドリューでトップの評価を受けるヴィラールは7haの自社畑を所有。

天然酵母による醗酵、樽熟成と澱の旨み、複雑味を引き出すためのバトバージュの回数を多くしています。「コンドリュー・ドポンサン」はオーク樽による醗酵後、11ヶ月の樽熟成(新樽35%)を行って造られています。

ロバート・パーカー:5星評価 ワイン・スペクテーター:96点 ヴィノテーク(田崎真也):18.5

  1. Chateauneuf du Pape La Cuvee du Pape 2012

シャトーヌフ デュ パプ キュヴェ デュ パペ

生産者:クロ・デュ・モン・オリヴェ

ブドウ:グルナッシュ種75%,シラー種15%、ムールヴェードル種10

生産者詳細:4参照

「キュヴェ・デュ・パペ(祖父の意)」に良年にのみ造られるスペシャルキュヴェで1989年がファーストヴィンテージ。

ボワ・ドーファンとル・ピエ・ドポーの区画で収穫された3品種を一緒にコンクリートタンクで醗酵、その後フードルとドゥミ・ミュイで熟成を行って造られます。

インターナショナルワインセラー:9496点 デカンター:19点(96点)ワイン・アドヴォケイト:94

 

 

  1. Cote-Rotie La Landonne 2012

コート=ロティ シャトー ダンピュイ

生産者:ギガル

ブドウ:シラー種100%, ヴィオニエ種

1945年、初代のエティエンヌ氏がアンピュイの町に社屋を構え、その後現在の当主である息子のマルセル氏が同社の名声の基礎となるコート・ロティの区画を複数入手しました。そしてエティエンヌ氏がかつて働いていた老舗ヴィダル・フルーリィ社、サン=ジョセフの名手、ジャン=ルイ・グリッパ、ドメーヌ・ド・ボンズリーヌを取得。ローヌを代表する生産者となりました。

「コート・ロティ・シャトー・ダンピュイ」は1995年に取得したギガルの新たな本拠地シャトー・ダンピュイの名を冠したキュヴェでコート・ブロンドとコート・ブリュンヌにある7つの畑のブドウを使用。ステンレスタンクで4週間かけて醗酵とマセラシオンを行った後に新樽で38カ月の熟成を行って造られています。ワイン・アドヴォケイト:9596

今回も素敵な出会いに感謝感謝

美味しい楽しい会でした・・・

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM